目のキワに入れることで、粘膜にも影響があると言われているアイライナー。
間違った使い方や、メイクオフの際にこすってしまって、
ドライアイの原因や、視力にまで影響が出てしまっては大変です。
オーガニックコスメというと、ヨーロッパ、アメリカの物を思い出す事が多いかもしれませんが
インドにはアーユルベーダの伝統的な処方を取り入れた、天然素材で作られた、カジャルというアイライナーがあります。
インドは太陽光線が強く暑い国です。カジャルは、もともと美容のために作られたコスメというよりは、
目を強い紫外線から守るために作られた物だそうで、それが現在では女性のメイク用にオーガニックコスメとして取り入れられているという事なのでしょう。
さてこのカジャル。オーガニックコスメとしての実力は?と申しますと、
やはり、にじまない!とか、下瞼に移らない!といった事がウリの石油系の既成のアイライナーに比較すると、
化粧持ちの点では劣るかもしれません。
ただでさえ汗をかきやすい夏場など、固いペンシルや筆タイプのコスメに比較すると、
にじみやすさは否めません。
ただし、にじみやすさは落としやすさでもあり、就寝中につけたままでも肌に優しいアイライナーと思えば、
一長一短あるとはいえ、肌に優しい事は、オーガニックコスメ最大の長所でもあります。
ただし、キラキラしたラメや、鮮やかな色などは、カジャルに求めても得られません。
カジャルは、あくまでも天然素材を生かしたオーガニックコスメ。インドの歴史の中から生まれたアイライナーなのですから。