一般的にクレジットカードのキャッシング枠や消費者金融や信販会社のカードローンの借入は、貸金業に分類されるので、総量規制対象外にはなりにくいでしょう。

総量規制の対象となると、全ての限度額をまとめて、年収の3分の1以内の借入しか認められませんので、多額の借入はしにくいでしょう。生活をする上で、必要最低限のお金を借りる使い方に向いています。ちなみに、クレジットカードのショッピング枠は、借入ではありませんので、総量規制対象外となります。

ただ、貸金業者から発行されていないクレジットカードのキャッシング枠は総量規制対象外となることがあります。銀行で発行されるクレジットカードや、預金口座に紐付けされているクレジットカードであれば、総量規制の影響を受けることはないでしょう。また、一部の流通系のクレジットカードで見られることですが、同系列の銀行が発行しているクレジットカードについては、総量規制対象外となり、専業主婦や主夫の方でも、少額ながらキャッシング枠が付けられることがあります。

同様に銀行や信用金庫のカードローンは、貸金業のローンではないため、総量規制対象外となります。アルバイトをしている学生や、配偶者に安定した収入のある専業主婦や主夫も申し込みが可能な場合があります。しかし、銀行の場合は、審査が厳しめになることが予想されますので、利用限度額が低めに抑えられる傾向にあります。多くとも50万円までが限度で、増額申請をしても認められることはないでしょう。